東邦ガスの排出削減ロードマップ策定支援サービスとは?|TOHOBIZNEX

カーボンニュートラル・東海最前線 連載第4回


東邦ガスのCN×P

記事掲載日:2022/11/10

2050年のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みは、企業にとっても急務となっています。 しかし、対策の必要性を認識しつつも、いつ何をどのように進めれば、どんな効果を得られるのかを見通し、目標設定・実践するのはなかなか容易ではありません。 そこで今回は、企業がそれぞれの実情に合わせてカーボンニュートラルに取り組む際に役立つ、東邦ガスの「排出削減ロードマップ策定支援サービス」をご紹介します。 (ライター南由美子/nameken)

カーボンニュートラル・東海最前線 連載全12回のバックナンバーはこちら >>

Q.東邦ガスによる「排出削減ロードマップ策定支援サービス」とは?

  • カーボンニュートラル達成に向けて、各企業に合った対策を提案し、最適な意思決定を支援するサービスです。

CO2の排出源・排出量を整理し、削減率や追加コストをわかりやすくグラフ化

製造業では、サプライチェーン全体でのCO2排出量削減の取り組みが本格化してきています。 そのなかで、「削減対策に選択肢がほしい」「削減できる量と費用対効果を知りたい」「実現可能な目標を設定したい」 「目標を達成するための対策に優先順位をつけたい」といった要望も持つ企業もあるのではないでしょうか。

これらの指標となる「カーボンニュートラルカーブ(以下、CNカーブ)」を作成して、それぞれの企業の実情に合った、 CO2削減の中長期的計画策定をサポートするのが、東邦ガスによる「カーボンニュートラル実現に向けたロードマップの策定支援サービス」です。

CNカーブは、「CO2排出量の削減率(%)」と「削減にかかる追加コスト(円/トン・CO2)」をグラフ化したものです。 複雑で多岐に渡る社内の排出源や排出量を整理し、取り組むべき対策とその優先順位付けに重要な情報を示し、企業が最適な意思決定を行うのを支援します。 CNカーブに目標年度を組み込むことで、CO2排出削減ロードマップが完成します。

最適な施策を選択し、優先順位を付けてロードマップを作成

この支援サービスは、次の4つのステップで進められます。

1 エネルギーデータの収集

企業のCO2排出の現状や排出源を分析するため、社内の資料やデータを収集。 具体的には、エネルギーや燃料の使用量が把握できるデータ、購入しているエネルギーや燃料の単価など現状概算費用の情報、事業所・建物ごとの 主だった設備・機器のリストなどを想定。また、実施済みもしくは検討中の削減対策や、整理されていない情報についてもヒアリングを行う。

2 排出源の特定

企業活動の全体像を把握。事業内容のうち、どの場所で、どのような活動によってCO2が排出されているのかをつかみ、 排出源と排出量を整理して特定する。

3 削減施策の分析・評価

どの排出源に対して、どのような対策があり得るのかを網羅的に幅広くリスト化。 それぞれの対策について、排出削減量と削減のためにかかるコストを試算する。

なお、実際に取り組む場合は、「費用対効果が高い」「現実的である」対策から着手するのが原則。 最初に「効率化」、次に「再生可能エネルギーの活用」、最後に「技術革新が必要でコスト増となる中長期的対策」の順に行う。

・「効率化」では、エネルギーの消費と需要を減らすことで、コストダウンと排出減を両立させます。たとえば、省エネ設備・機器の導入、 製造プロセスの効率化、エネルギーロスの削減、設備規模の最適化などの取り組みが考えられる。

・「再生可能エネルギーの活用」では、「効率化」で減らせない部分を、CO2排出のない太陽光や風力などのエネルギーを取り入れる。

・「技術革新が必要でコスト増となる中長期的対策」では、上記2つでも実現できない部分を、 CCUS(CO2の回収・有効利用・貯留)や水素エネルギー活用など、革新的あるいは実用化待ちの技術の導入を中長期的に計画する。

4 結果の報告

対策ごとのCO2削減効果とコストがわかるCNカーブを提示。現状把握と中長期的な取り組みの決定に役立てることができる。

東邦ガスのこのサービスでは、複雑な情報を視覚的に整理した上で、複数の施策から最適なものを選択することができます。 そこからロードマップを描き、優先順位に沿って進めることで、カーボンニュートラル実現へ着実にアプローチできるのが特長だと言えるでしょう。

次回は、
「自動車各社のカーボンニュートラル方針」について紹介します。


東邦ガスのCN×P

≪ライタープロフィール≫
  • 南由美子(みなみ・ゆみこ)
  • 愛知県生まれ。飲料メーカーの販売促進、編集プロダクションでの制作を経て、フリーランスに。
  • 中日新聞折り込みの環境専門紙で「世界のエコ」をテーマにしたコーナーを2年半ほど担当。現在はウェブメディアなどで食・住を中心とした暮らしや環境をテーマに執筆。
  • 名古屋エリアのライターやカメラマンで作る一般社団法人「なごやメディア研究会(nameken)」の会員。

カーボンニュートラル・東海最前線 連載全12回のバックナンバーはこちら >>

参考

東邦ガス提供資料 「排出削減ロードマップ策定支援サービス」

≪本サイト掲載コンテンツのご利用について≫
TOHOBIZNEXにて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。

TOHOBIZNEXのおすすめサービスご紹介