企業がカーボンニュートラルを実現するためのPDCAサイクル|TOHOBIZNEX

コラム|企業がカーボンニュートラルを実現するためのPDCAサイクル|TOHOBIZNEX
企業がカーボンニュートラルを実現するためのPDCAサイクル 企業がカーボンニュートラルを実現するためのPDCAサイクル
企業がカーボンニュートラルを実現するためのPDCAサイクルのイメージ

世界的な社会課題のひとつとして位置づけられているカーボンニュートラル。対応が後手にまわることで業界のなかで後れをとりたくはありませんが、検討が不十分なまま実行し大きな損失を出すことは避けたいところです。 大切なのは、コストと効果のバランスを確認しながら進めること。そのためには、PDCAサイクルをまわしながら取り組むとより効果的です。
では、カーボンニュートラルにおけるPDCAとは具体的にどういったことなのでしょうか。順を追ってご説明します。

【PLAN】排出量・排出源の見える化とロードマップの策定 【PLAN】排出量・排出源の見える化とロードマップの策定

まずは、自社内のどこでどのくらいのエネルギーを消費していて、どのくらいの温室効果ガスを排出しているのかを見える化し、正確に把握します。

そのうえで、使っていない照明のスイッチをオフにするなど細かなものから、作業工程の改善やエネルギーロスの少ない設備への入れ替えなど、省エネ・排出量削減が見込める取り組みをリストアップ。どこに改善すべき余地がより多く残されているかを見極めます。

そして費用対効果や自社の資源、経営状況などから実施する取り組みを決定し、目標を設定したうえで実現までのロードマップを描きます。各取り組みにおいて責任者や管理者を立て、進捗状況を追えるようにもしておきます。

【DO】省エネ・CO₂排出量の削減 【DO】省エネ・CO₂排出量の削減

実行フェーズでは、計画時にリストアップした費用対効果が高く現実的な打ち手から着手していきます。

例えば、従来の生産活動における生産性を高めて省エネを実現することで温室効果ガスの排出を抑制するなどは、初期投資や労力の少なく効果を得られやすい取り組みです。

その他、省エネ設備の入れ替えや再生可能エネルギーの導入などにも、自社の状況に合わせて取り組んでいきます。

点
  

カーボンニュートラル実現に有効な取り組み例

・既存生産設備のエネルギーロスを抑制

・省電力な生産設備への入れ替え

・バイオマス発電や太陽光発電パネルなどによる再生可能エネルギーへの切り替え

・カーボンプライシング

・ムダをなくし効率を高める生産技術の革新

・自社製品に使用する部品の再利用率を引き上げる

【CHECK】効果の検証 【CHECK】効果の検証

取り組みから一定期間が経過したら、各取り組みにおける進捗を確認し、エネルギー使用量などのデータを収集。投じたコストや要した時間、得られた成果を照らし合わせ、期待通りの成果を得られているかどうか検証します

また、カーボンニュートラルへの取り組みは一過性のものではなく継続することが重要ですので、取り組みそのものが現場においてサステナブルなものになっているかも合わせてチェックするようにします。

【ACT】取り組みやロードマップの見直し 【ACT】取り組みやロードマップの見直し

検証から得られた結果をもとに、必要に応じて実施する取り組みについて選択と集中を行い、新たな施策があれば追加します。また、計画と実際の数値を見ながらロードマップの見直し(P)も行い、以下同様のサイクルを推進します。

自社の目標や状況に合わせて推進を 自社の目標や状況に合わせて推進を

カーボンニュートラル実現に向けたPDCAについてご紹介してきました。上記はあくまでも一例です。自社の目標や状況に合わせて無理のない独自のPDCAを推進することが重要です。

関連サイト 関連サイト

TOHOBIZNEXのおすすめサービスご紹介