企業防災における津波対策とは?|TOHOBIZNEX

オクレンジャーの津波自動配信オプションについて

記事掲載日:2022/8/25

いつ、どこで起こるか分からない地震や津波。
自然災害の発生において企業が取り組むべき企業防災には、「防災」と「事業継続」の 2つの 観点があります。 安否確認システムオクレンジャーに新たに登場した津波自動配信オプションについてご紹介いたします。

Q.オクレンジャーの津波自動配信機能とは?

安否確認システムオクレンジャーは、気象庁から発表される津波情報と連携をしています。 気象庁が発表する津波情報(津波警報・注意報・予報)をもとに、メッセージの自動配信が行えるようになります。)

緊急連絡網・安否確認システムオクレンジャー 詳しい内容はコチラから >>

管理専用画面にてあらかじめ設定をした予報区条件や配信先条件と合致した 大津波警報・津波警報・津波注意報・津波予報が発令された場合、従業員に対して安否確認メッセージを自動で配信するツールです。 従業員はアプリまたはメールで安否確認メッセージを受信し、警報・注意報・予報情報の取得や安否情報の回答が行えます。 電話回線が混雑している場合でもメッセージが届き回答が行えます。

  • スタンダードプラン
  • エントリープラン

上記プランをご契約いただいているお客さまは、標準装備オプションとして追加契約なしでご利用いただけます。 上記以外のプランにてご契約いただいているお客さまもオプション機能としてお申込みいただくことでご利用が可能です。

※各種自動配信機能は安否確認(発災後の状況確認、情報収集)を目的として提供している機能です。 発災時の初動動作・避難にはエリアメール、緊急速報等を活用し、身を守るための行動を取る必要があります。

発表情報の種類や配信するタイミング、津波予報区を設定して配信対象を制限することができます。 特定の地域のみを対象としたり、警報が解除されたタイミングで安否確認を行うなど活用可能です。

参考

気象庁 津波予報区について
https://www.data.jma.go.jp/eqev/data/joho/t-yohokuinfo.html

政府広報オンライン「緊急地震速報」と「津波警報」等 いざそのとき、身を守るために!
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201410/4.html

内閣府 防災情報のページ 企業防災とは何ですか?
https://www.bousai.go.jp/kyoiku/kigyou/kbn/index.html

≪本サイト掲載コンテンツのご利用について≫
TOHOBIZNEXにて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。

TOHOBIZNEXのおすすめサービスご紹介