【飲食店の答え】飲食店における2021年に関するアンケート調査|TOHOBIZNEX

「飲食店における2021年」に
関するアンケート調査

調査結果のポイント

 「飲食店における2021年」について、全国の飲食店経営者・運営者さまを対象にWebアンケートを実施しました。
 全国の飲食店経営者・運営者さま448名から回答を得ましたので、以下にその調査結果を公開いたします。

※飲食店.COM(株式会社シンクロ・フード)調べ

アンケート回答

  • Q1
     11月の売上について、新型コロナによる影響がなかった2019年の同月比をお答えください。(回答必須)
    回答数 448

    • 2019年11月より50%以上増えた: 10(2.2%)
    • 2019年11月より40%増えた: 3(0.7%)
    • 2019年11月より30%増えた: 12(2.7%)
    • 2019年11月より20%増えた: 25(5.6%)
    • 2019年11月より10%増えた: 32(7.1%)
    • 2019年11月と変わらない: 55(12.3%)
    • 2019年11月より10%減った: 26(5.8%)
    • 2019年11月より20%減った: 66(14.7%)
    • 2019年11月より30%減った: 77(17.2%)
    • 2019年11月より40%減った: 43(9.6%)
    • 2019年11月より50%減った: 41(9.2%)
    • 2019年11月より60%減った: 15(3.3%)
    • 2019年11月より70%以上減った: 25(5.6%)
    • 比較対象のデータがない: 18(4.0%)
  • Q2
     2021年における年間総売上の昨年対比をお答えください(12月後半分の売上高は予想で結構です)(回答必須)
    回答数 448

    • 2020年の総売上より50%以上増えた: 20(4.5%)
    • 2020年の総売上より40%増えた: 10(2.2%)
    • 2020年の総売上より30%増えた: 24(5.4%)
    • 2020年の総売上より20%増えた: 26(5.8%)
    • 2020年の総売上より10%増えた: 38(8.5%)
    • 2020年の総売上と変わらない: 55(12.3%)
    • 2020年の総売上より10%減った: 32(7.1%)
    • 2020年の総売上より20%減った: 39(8.7%)
    • 2020年の総売上より30%減った: 51(11.4%)
    • 2020年の総売上より40%減った: 40(8.9%)
    • 2020年の総売上より50%減った: 43(9.6%)
    • 2020年の総売上より60%減った: 26(5.8%)
    • 2020年の総売上より70%以上減った: 44(9.8%)
  • Q3
     今年、特に印象的だったトピックスは何ですか?(回答必須)
    回答数 448

    • 自治体による時短営業要請: 269(60.0%)
    • 自治体による酒類提供の停止や休業要請:322(71.9%)
    • 東京2020オリンピック・パラリンピックの開催:115(25.7%)
    • 各地における新型コロナワクチン接種の実施:79(17.6%)
    • 食品衛生法の改正: 42(9.4%)
    • 新型コロナ変異株の流行: 123(27.5%)
    • 相次ぐ食材の価格高騰: 140(31.3%)
    • 行動制限緩和による各要請の解除: 31(6.9%)
    • ワクチン・検査パッケージの導入に向けた動き:11(2.5%)
    • 協力金の終了: 126(28.1%)
  • Q4
     今年の飲食店経営で最も苦労したことは何ですか? (回答必須)
    回答数 448

    • 自治体要請(時短や酒類提供停止など)に応じながらの営業: 285(63.6%)
    • 感染防止対策の継続: 129(28.8%)
    • 客足の回復に向けた販促活動: 127(28.3%)
    • テイクアウト・デリバリーサービスへの対応:66(14.7%)
    • 店舗家賃、光熱費など固定費の支払い:131(29.2%)
    • 食材の在庫管理や原価率の調整: 81(18.1%)
    • 従業員の雇用維持やシフト調整: 128(28.6%)
    • 新たな雇用の確保: 84(18.8%)
    • コロナ関連の給付金・補助金・助成金の申請:106(23.7%)
    • その他: 7(1.6%)
  • Q5
     今年新たに始めたサービス、工夫したことなどがあればお教えください。(回答必須)
    回答数 448

    • テイクアウト: 128(28.6%)
    • デリバリー: 99(22.1%)
    • インターネット通販: 40(8.9%)
    • 余剰食材の販売: 15(3.3%)
    • テーブルオーダーサービスの導入: 19(4.2%)
    • 順番待ちシステムの導入: 1(0.2%)
    • SNSを使った集客・販促: 86(19.2%)
    • 自店ホームページの開設: 20(4.5%)
    • 飲食店予約サイトの利用: 31(6.9%)
    • その他Web集客サービスの利用: 23(5.1%)
    • 来店時に使えるクーポン券の発行: 20(4.5%)
    • その他: 24(5.4%)
    • 特にない: 142(31.7%)
  • Q6
     2022年の売上はどの程度回復すると予想しますか?(回答必須)
    回答数 448

    • コロナ以前の状態まで回復する: 39(8.7%)
    • コロナ以前の8~9割程度は回復する: 124(27.7%)
    • コロナ以前の6~7割程度は回復する: 156(34.8%)
    • コロナ以前の5割程度は回復する: 42(9.4%)
    • 回復しない: 42(9.4%)
    • さらに売上が落ちる: 6(1.3%)
    • わからない: 39(8.7%)
  • Q7
     2021年を振り返っての感想、または来年への思いを簡単にお聞かせください。(回答任意)

    • 空白の一年
      営業時間が少なく色々、やってはいたが何もしていない様な気になる。
      11月から12月末までは怒涛の忙しさ何も出来ない位忙しい、その嬉しさ。
      来年もずっと続いていける様計画を練る。 (東京都/フランス料理/1店舗)
    • もう勘弁してほしい。 (愛知県/カフェ/1店舗)
    • 想像以上に客足の回復が鈍い。呑みに出歩く習慣がなくなっている人も少なくないように感じるので、来年はもっと工夫をしていきたい。 (長野県/居酒屋・ダイニングバー/1店舗)
    • 政府からの時短、酒類販売要請を守り営業をしていたが協力金を頂く事によりお店の存続ができるようになったので助かっている。今後も通常に戻るまでは援助をして貰いたい。 (東京都/ラーメン/1店舗)
    • 色々経営者として、勉強になりました (神奈川県/居酒屋・ダイニングバー/1店舗)
    • 既存店の売り上げは安定しているので他業種に新規展開を実施したい (東京都/カフェ/2店舗)
    • 集客方法を多方面(複数方向)からの修整 (神奈川県/イタリア料理/1店舗)
    • ろくな年ではなかった、店の存続も危うかった。来年はコロナ収まりお客さんかえってきてほしい (東京都/イタリア料理/1店舗)
    • とにかく我慢の1年でした。
      辛いことが多すぎてあっという間でした。 (東京都/イタリア料理/3~5店舗)
    • コロナが終息してほしい。そもそもコロナウイルスは存在するのかが不明。 (大阪府/寿司/1店舗)
    • とにかく酒類停止がきつかった (東京都/居酒屋・ダイニングバー/1店舗)

調査概要

  • 調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)
  • 回答数:448
  • 調査期間:2021年12月24日 ~ 2022年1月5日
  • 調査方法:インターネット調査
≪本調査レポートのご利用について≫
TOHOBIZNEXにて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。

TOHOBIZNEXのおすすめサービスご紹介

法人・個人事業主さま 東邦ガスなら電気がおとくビジネスのお困りごとなら TOHO BIZNEX 詳しくはこちら